薄毛の女性はアルコールを飲みすぎも原因だから要注意!

薄毛の女性はアルコールを飲みすぎるのも原因になります

女性の薄毛の原因の1つに過度な飲酒があります。過度な飲酒はアルコールを分解する際に、髪を作る為の栄養素まで消費してしまうのです。しかも、アルコールに含まれる糖分や食べ過ぎで太る事も薄毛の原因です。

アルコールが女性を薄毛にする?

飲酒によって、肝臓では有害物質のアセトアルデヒドという物質が発生します。これを無害化する為に、毛髪を作る材料である栄養素のシステインというアミノ酸が使われます。毛髪はタンパク質のケラチンで構成されていますが、システインはケラチンを構成する18種類のアミノ酸の一つで、含有率が最も高い栄養素なのです。
それが飲酒によって消費されてしまうと、髪を作る材料が不足し薄毛に繋がってしまうのです。
お酒の原料は穀物や果実なので、糖分を多く含んでいますし、脂肪分の多いおつまみも多く食べてしまいますので、糖分、脂肪分の摂りすぎになります。
糖分、脂肪分は皮脂の分泌を過剰にするので、毛穴に皮脂が詰まり、角質を厚くしてしまい、毛穴詰まりや血行不良を起こし、頭皮環境の悪化、薄毛になります。飲酒は適量、おつまみにも要注意です。

薄毛の対策にもアルコール?

過度の飲酒は薄毛の原因ですが、ストレスを感じるほど禁酒をすると、これも又薄毛の原因になります。適量のお酒は血行をよくし、薄毛対策にも良いのです。
体重や体調などによって適量も異なりますが、厚生労働省が推進する量としては、ビール中瓶1本、日本酒1合、焼酎0.6合、ウイスキーダブル1杯、ワイン1/4本、缶チューハイ1.5缶とされているので、女性はこれより少し少なめにして下さい。
アルコールは食欲を増進させるので、薄毛対策としては、揚げものは避ける、ワカメの酢の物、まぐろの赤身、レバー、砂肝、豚肉、煮物など脂肪分が少なく低カロリーの和食を選びましょう。
女性にとって過度の飲酒は薄毛の進行だけでなく、乳がん、骨粗しょう症等のリスクが高まります。また、血中アルコール濃度が高くなりやすい女性は、肝臓や膵臓の病気も発症しやすいと言われています。けれども、ストレス解消等の理由で、女性の飲酒量は増える傾向にあるそうです。

妊娠中の飲酒について。

妊娠中のアルコールは、赤ちゃんの脳の障害、体重の減少、奇形などの悪影響に繋がります。
若年層の女性の飲酒率が高くなっていると同時に、若い女性で薄毛に悩む人も増えています。
その要因はアルコールが考えられます。
飲酒は適量を守り、飲みすぎないことが大切なのです。

コメントは受け付けていません。