薄毛の原因の1つはホルモンバランスの崩れです。

抜け毛の原因は女性ホルモンの減少

女性ホルモンの乱れを整えると抜け毛は止まるのでしょうか?

女性の薄毛の原因の1つとしてホルモンバランスの崩れがあります。
女性ホルモンのエストロゲンは、毛髪の発達、毛髪の成長期を持続させるという働きがあり、エストロゲンが減少すると、髪の成長期は短く、休止期は長くなります。
更に、1つの毛穴から出る髪の本数が減る、髪が細くなる、等の影響が出ます。

更年期、産後、病後、ストレスで薄毛になってしまうのは、ホルモンバランスが崩れてしまったからなのです。
この女性ホルモン、実は女性だけではなく男性の薄毛の原因にも関係しています。
女性ホルモンの乱れを整えると、抜け毛が止まるって本当でしょうか。

女性ホルモンの分泌について

脳の視床下部は、脳下垂体に女性ホルモンを作るように命令します。
命令を受けた脳下垂体は、卵巣に女性ホルモンを作るように指令をします。
それによって、卵巣の中にある卵胞から女性ホルモンのエストロゲンが、黄体からはプロゲステロンが分泌されます。
脳下垂体は、指令も出しますが、分泌量の把握、コントールもしています。
脳と卵巣が連携してホルモンのバランスを取っているのです。

ホルモンバランスが乱れている状態

ホルモンに関わる、視床下部、脳下垂体、卵巣の連携がとれていないと、バランスが乱れます。
ホルモンの量は常にバランスが保たれている状態ですが、強いストレス、慢性的なストレスによってバランスが崩れる事があります。視床下部や脳下垂体は精神的ストレスの影響を受けやすい臓器と言えます。
他に、卵巣からのホルモン分泌自体が減ってしまう場合があります。
加齢による更年期、過度のダイエット等は、卵巣が機能低下してしまい、ホルモン分泌量が減少します。

ホルモンバランスの崩れによる不調

肌荒れ
・ニキビ 
・肌荒れ 
・シミ 
・シワ 
・イライラ 
・不安感 
・頭痛 
・肩こり 
・冷え 
・のぼせ
・抜け毛 
・薄毛

女性ホルモンのバランスが崩れると、体と心の不調が様々な形で起こります。

薄毛には女性ホルモンを補えば良い?

バランスを取るためには、単純に不足したホルモンを外から補えばいいのではと思ってしまうでしょう。
女性ホルモンを増やすことで、抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を弱くして、抜け毛を減らそうという事です。
薄毛の治療法として、ホルモン剤投与やホルモン注射といった、女性ホルモン補充療法を行っているところもあります。

しかし、ホルモン補充療法は本来更年期障害の治療方法で、薄毛外来では積極的に行いません。
理由は臨床試験で、明確に薄毛が改善するという結果が得られていないからです。
ホルモンを補っても、薄毛の改善には直結しないようです。

例えば、女性は更年期で女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンが激減します。
女性全員が経験するはずですが、更年期過ぎても髪がフサフサの人、薄毛の人がいるのはどういう訳でしょう。
この辺りも明確に解明されていません。

女性ホルモンの乱れを整える方法

あのイーハトーヴォのすきとおった風
ストレスは女性ホルモンのバランスを崩す大きな原因です。リラックスできる時間を1日に1回はとりましょう。
あのイーハトーヴォのすきとおった風
寝不足は女性ホルモンのバランスを崩します。規則正しく、質の高い睡眠を心掛けましょう。
あのイーハトーヴォのすきとおった風
プラセンタには女性ホルモンの乱れを整え、薄毛を改善する効果があるようです。 薄毛治療病院では、薄毛治療のためにプラセンタ注射をしています。
あのイーハトーヴォのすきとおった風
女性ホルモンの乱れを整えるのに1番大切なのは栄養バランスです。何かひとつの食べ物で女性ホルモンの乱れを整える事は不可能です。健康的でバランスの良い食事をしましょう。
あのイーハトーヴォのすきとおった風
女性ホルモンのエストロゲンに似た効果があると言われています。

コメントは受け付けていません。