女性の薄毛は治るってホント?目に見えて実感できるには、半年程度の期間がかかります。

女性の薄毛は、意外と多いんです。
女性の薄毛は、男性の薄毛と比べて情報量が少ないので、どれくらいの期間で治るのか不安です。
しかも、具体的に何をすればいいか分からない。
こんな事、誰にも相談できません。
でも大丈夫。女性の薄毛は男性の薄毛よりも改善する率が高いのです。

女性の薄毛が治るまでの期間は?

薄毛は男性特有という印象ですが、女性も例外ではありません。
改善する率が高いといっても、ある程度の期間が必要なのは、男女共通です。
特に、女性の薄毛の原因は、色々と複雑に絡み合っているので、治療方法が見つかりにくいのです。
正しいケアをして、改善の効果が出るまでには、どれくらい時間がかかるでしょう。

ズバリ!「平均6ヶ月」
女性の薄毛の症状で多いのは「びまん型脱毛症」です。
原因は頭皮の老化。頭皮の改善によって薄毛も改善されます。
頭皮を含む皮膚のターンオーバーは約28日、髪の毛が伸びるのも1ヶ月に1cm程度です。
あ、変わった、と目に見えて実感できるまでには、半年程度はかかるでしょう。
稀に、1ー2ヶ月で改善するケースもありますが、治る期間としては6ヶ月の覚悟が必要です。
女性の薄毛が治る期間には個人差があり、人それぞれです。

女性の薄毛が治る率が高いのは20代より30歳以上

育毛外来で治療する患者さんの割合は、以前は多くが男性でしたが、今は女性との割合が1対1です。
薄毛と円形脱毛症の患者さんの割合は半々です
男性患者さんの年齢は10代、20代が多く、女性の患者さんは若い方~年配の方といろいろです。

一般的に病気は、若くして症状が出る人は遺伝的要素が強いので、治りが悪いと言われています。
女性の薄毛も、若い方と年配の方では、若い方のほうが治りにくいです。
歳を取ってからの薄毛は、老化が原因のことが多いのです。
20歳くらいで薄毛になるのは、遺伝の可能性が大きいので、治療も効果が現れにくいんです。
薄毛治療をして髪が生えやすいのは、20代より30歳以上の女性です。
    

脱毛遺伝子を持っていても薄毛は防げる

男女共に、脱毛の原因は遺伝と環境です。
男性の場合は遺伝の影響が大きく、女性の遺伝による脱毛は6割程度と言われているんです。

女性型脱毛の研究

薄毛のメカニズムは、脱毛遺伝子、プラス、遺伝子の作用で男性ホルモンが強く働く事で、毛が抜けるということが分かっています。
男性は男性ホルモンをたくさん持っています。
いくら規則正しく生活しても、脱毛遺伝子を持っていれば、薄毛になるケースが多いのです。
女性は男性ホルモンが少なく、女性ホルモンの分泌もあります。
脱毛遺伝子を持っていたとしても、規則正しい生活をしていれば、薄毛は防げます。

女性型脱毛の研究

どんな状態になったら薄毛と言うのでしょう。
髪の毛は歳をとれば一般的に減ります。
20歳のときの毛量が100%だとすれば80歳の時は70%とか、髪の毛の直径が細くなるのは普通です。
でも、それ以上に減ると病的です。
ダイエット、ストレスが原因の脱毛でなければ、甲状腺ホルモンの異常、膠原病、亜鉛欠乏などの病気が考えられるので要注意です。

ある程度パターンが決まっている男性の脱毛と違い、女性の場合は髪の毛全体がだんだん薄くなります。
遺伝性の薄毛か、体調による脱毛か区別がつきにくいのが、女性型脱毛です。
しかし、最近は遺伝かどうかを調べる検査法もあるようです。

女性の薄毛が増加する理由

女性の薄毛の特徴は、生活習慣の影響が多いということ。
ストレス、間違ったヘアケア、極端なダイエットで起こる脱毛です。
月に3キロ以上急激にやせると、毛が抜けます。
体重の大幅な減少は、栄養不足を引起し、髪に栄養が行き渡らなくなります。
女性の薄毛が増えている大きな原因は、必要以上の清潔意識や美意識です。
必要以上にシャンプーをする女性もいます。
シャンプーは、1日1回で十分です。シャンプーのし過ぎは、皮脂の過剰分泌を引起しますし、シャンプー剤の選び方や洗髪方法で、髪を傷める可能性だってあります。

育毛に適した季節

    
季節なんか関係ありません。気がついた時から始める、早ければ早いほどいいのです。
でも、髪が抜けやすいのは秋頃なので、6月頃から食事、ヘアケアに気を付ける事が、おすすめです。
抜けやすい期間には抜け毛を抑え、生えてくる期間には、生えるように促しましょう。
そうすることで薄毛が治るのも早くなります。

コメントは受け付けていません。